NEXT STEP・応用編

オ-バ-タ-ン再考:上達のヒント15

更新日:

スポ-ツとしてのボウリング
ひっぱるのも、オ-バ-タ-ンするのもいい結果をうみません。(TRAINING)

15 オ-バ-タ-ン再考

曲げる為にひっぱるより直球の方がいいです。

ひっぱるは,曲げようする意識が強いため, ファウルラインを越しても親指が抜けないで腕とボ-ルが,7番ピン側(左側)に流れてしまう状態です。 この時ボ-ルを持つ腕は脇が開いています。

またオ-バ-タ-ンは,曲げようとする意識が強いため,手のひらを回しすぎ,手のひらがボ-ルの上までがぶってしまうような状態です。

 投げていてこのように見えたら,オ-バ-タ-ンです。

この2つの状態が往々にして同時におこってしまいます。これらは,明らかに曲げるための方法として誤っています。しかし多くの方が経験したことと思います。

しかもこの方法はかえってオイルに乗ってしまう回転となり曲がらないのです。

むしろ,また故障の可能性も高い投げ方です。 それより手のひらをボ-ルの横にアドレス時からセットしてそのまま投げるナチュラル・フックの方がはるかに曲がります。弱い曲がりですが確実に安定した曲がりです。

 曲げる為にひっぱるよりも,オ-バ-タ-ンするよりも直球の方がいいくらいに考える方がいいと思います。

というのはひっぱたり,オ-バ-タ-ンするうちはフォ-ムが安定せずスコアは伸びませんから。

これは強制フックの一般の解説で,リリ-スの時のボ-ルと手のひらの位置(普通親指の向きで説明されている。)について誤解があるからだと思います。

ボ-リングの解説は,親指の向きで説明される事が多いのも誤解を助長しているのかもしれません。

リリ-ス時の手のひらはボ-ルの真横程度,親指は11時から12時程度です。 (手首を中心にしたときの親指の向き)

スポンサードリンク

-NEXT STEP・応用編

Copyright© アベ200ボウリングへの道 of 投げ方とコツのサイト , 2019 All Rights Reserved.