ボウリング,アベ200,投げ方,コツ,上達,ケガ,用品,プロショップ,室内,スポ−ツ,アベレージ,200,マガジン,技術,ストライク,スペア,スパット,親指

MENU

リリ−ス時に手遅れをつくる:上達のヒント10

スポ−ツとしてのボウリング
ゴルフとか野球でいわれることのある、「壁をつくる」とか、「ためをつくる」というイメージです。(RELEACE)

 

10 リリ−ス時に手遅れをつくる

 左足が止まるのとリリ−スは同時ではありません。

 

 曲がるボ−ルを投げるために,イン・ステップした左足が止まってからボ−ルが後からついてくる「手遅れ」の状態をつくりださなくてはなりません。

 

それはアプロ−チの最後の2歩を,前の2歩か3歩より速く歩く事でつくりだします。4歩の場合だと,「ト−ン,ト−ン,サッ,サッ」 という感じです。

 

ボ−ルのスウィングスピ−ドは変えないで,歩速だけ早くし,いわゆるためを作ることになります。

 

 手遅れ状態の時,左足に体重がのっていて,左足1本でたっている状態です。その1本足のままバランスをとりながらボ−ルを押し出します。

 

左足を中心にして,ボ−ルを持った右腕が前にいきながら,左腕と右足を左に振ってバランスをとります。

 

最初ボ−ルを持たないでこの1本足の動作をやってみてください。次ぎにボ−ルを持って同じ動作をゆっくりやってみてください。感覚的に 十分理解できると思います。


国産うなぎ通販の選び方をご紹介!

スポンサードリンク