NEXT STEP・応用編

アドレス時に指を意識:上達のヒント08

更新日:

スポ-ツとしてのボウリング
ナチュラル・フックも強制フックも、中指と薬指の指先の感覚しだいです。(ADDRESS)

08 アドレス時に指を意識

アドレス時から中指と薬指を意識しておきます。

まずリリ-ス時に,手のひらがどうあるべきなのか考えてみましょう。
ファウルラインでボ-ルが手から離れる瞬間, 手のひらはボ-ルの真横にあるのが理想と考えていいのではないでしょうか。

この形はすなわちナチュラル・フックの状態とおなじです。 ただナチュラル・フックと相違するのは,この手から離れる瞬間のほんの一瞬の前後なんです。

手のひらがまずボ-ルの下から,手首を回されてリリ-ス時にはボ-ルの横にくるのです。 この時点で中指と薬指がボ-ルの横にある感じがしているかどうかです。  

 さらに手のひらは,リリ-ス時からボ-ルのカ-ブをなぞってほんの少し上(3cmから5cmくらいで,これ以上はオ-バ-タ-ンになります。)にいきます。

ここで手のひらが上にくると表現しましたが,要は中指と薬指を親指側に送り込むのでボ-ルの動きは,中指と薬指にかかっているのです。   
中指と薬指についてこの2箇所での感触が必要です。

しかし静止しているアドレス時から意識していないと,リリ-スの時に突然,中指と薬指を意識してもそれがどこにあって, どの向きを向いているかわからないんです。そのためにアドレスの時から意識している必要があるんです。

スポンサードリンク

-NEXT STEP・応用編

Copyright© アベ200ボウリングへの道 of 投げ方とコツのサイト , 2019 All Rights Reserved.